目指すべき目標とは何か

Web開発の仕事では、Webサイトの開発や、Webシステムの開発などに携わります。Webサイトの開発では、サイトの作成・運用を通じてクライアントの知名度をアップさせたり、業務効率化を行ったりして、売上伸長に貢献することが目標です。単にサイトを作成するだけでなく、クライアントへのヒアリングを通して現状分析やニーズの汲み取りを行い、サイトの企画や提案を行った上で、SEO対策やユーザビリティの向上といったポイントを盛り込みながらサイトを制作していくことが重要です。

またWebシステムの開発では、社内で用いるシステムや、社外に公開する企業サイトやECサイトに用いるシステムなどを効率よく、安定的に動作するよう設計やメンテナンスを行い、企業活動をサポートすることが目標となります。Webシステムの開発では、クライアントのさまざまな事業や業務に関わるシステムに携わるため、いっそう時間をかけてヒアリングを行い、システムの設計や提案を行っていくことが求められます。WebサイトでもWebシステムでも、クライアントによって伝えられたニーズだけでなく、クライアント自身も気づいていないような、潜在的なニーズを見える化し、提案や企画につなげていくことが重要です。

したがって常にクライアントや、Web開発に携わる人材とコミュニケーションを行い、目標であるクライアントの業務効率化や売上伸長、システムの安定化へとつなげていくのが、Web開発の仕事の任務でもあり醍醐味でもあります。