あらゆる職種が関わる仕事

Web開発のプロセスには、さまざまな職種の人材が関わっています。たとえばWeb開発全体をマネジメントするWebディレクターや、実際のシステムやアプリケーション、サイトを開発するWebエンジニア、アプリケーションやサイトのレイアウトや配色などのビジュアルを決定するWebデザイナー、さらにエンジニアやデザイナーの仕様書に基づきプログラムを作成していくWebプログラマーなどです。このように多くの職種が関わっていますが、1つの職種が他の職種の業務もカバーすることがあり、広い知識やスキルが求められています。

それぞれの職種に求められる適性を挙げていくと、まずWebディレクターでは、クライアントのニーズを引き出して企画や人材選定に反映させるコミュニケーション能力や企画力、全体の工程をスムーズに進めるためにスケジュール管理能力などが重要です。Webエンジニアでは、クライアントのニーズを正確に汲む理解力や、適正なシステムを迅速に開発するための専門知識が求められます。またWebデザイナーでは、オリジナリティやユーザビリティに優れたデザインを実現するための専門知識や想像力が重要です。Webプログラマーでは、プログラミングのための専門知識はもちろんのこと、仕様書を正確に読み取る理解力や、オリジナリティや効率化を追求するためのチャレンジ精神が活かされます。

それぞれの職種に求められるスキルや適性をふまえ、Web開発での活躍を目指してみましょう。